sgr_incaのブログ

モラトリアムの終わる予感がない、一般リーマンのブログ

おかしさ・・・?

前回書いた「おかしさを感じる」の項、

読み返して思った。

 

「おかしさ」は甘えなのでは・・・?

 

人は大なり小なり悩みがあって、

それを「おかしさ」ってして責任の所在を無くすのは違うよなあと。

 

だから「おかしさ」ではなく「個性」としよう。

その方がポジティブだし、結果的におかしくないし?

 

 

ただ、こうやっていちいち定義付けすること自体が

一般的にはおかしいのかもしれない。

 

 

というのも、

先週実家に帰って、仕事を辞めたことを言った。

 

親の反応は「将来は不安だし心配」って感じやけど、

これから職探しをすることについては

「こだわりが強い」と言われ、

背景である自分の気持ちを粛々と説明したら

「あんたは人生の許容範囲が狭すぎるんだ」と

肩の力を抜け的なこと言われた。

 

自分からしたら

「今まで肩の力を抜いてたからこういう状況になっているわけで、、

言ってることがお分かりでない???」

ってイキリオタクしそうになる案件だったけど

ちょっと腑に落ちたこともあった。

 

自分は一般的に見ても、細かくて妥協ができない性格なんだと。

だから、「おかしい」の定義にしても、

自分の違和感をわざわざ掘り起こして、

解釈しようと作業することは一般的には「面倒なこと」なのかもしれない。

確かにこんな話で一緒にお酒が飲めそうな人は周りにはいない、、

そもそも、そんなこと考える時間あれば友達と遊ぶし、睡眠時間にするのが一般なのかもしれない、それくらい退屈な話題なんだろうなと思う。

 

親にそういうことを言われて

改めて気づかされた。

 

ぐるぐる考えてしまう。

でもこれをしないと不安。自信ない。

こういう性格なのか??

性格なんだろうな・・・

 

 

仕事もやめてリフレッシュ期間~てしてたけど

おかでこういう悩みが顕在化してきた。

だから一回検査したいと思ったけど、

お医者さん曰く保険効いても1万かかると言われた。

無職に1万はきついんやな~~~~~~~。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

瞑想マン

日記

 

瞑想を始めた。

 

自分をおかしいとは思ってなかった。

実際おかしくないのかもしれないけど、

少しでも「なんかおかしいな」と感じたら

それはもうおかしい、みたいなことを聞いた事があった。だから改めて、ゆっくり自分を省みようと思った。

 

瞑想は呼吸を意識する。

空気の流れ、筋肉の動きや心臓から送られる血の巡りなど、呼吸を意識することで、普段感じられない身体の感覚を見つけることができる。

 

ただこれが簡単にはできない。

意識はすぐどこかに飛ぶ。一つの場所に留まらない。呼吸に集中しようとすると、逆に意識が散りやすくなる。

というか、集中することで常に意識が散らばっていることに気づかされる。

 

あと意識の散りには「焦り」とか「謎の罪悪感」が多かった。

集中できてないことへの焦りはもちろんだけど、

 

「ジムに行けない自分」

「将来のこと考えてない自分」

「家具と服探すつもりやったのに、

何もしてない自分」

 

みたいな、大小さまざまな、謎の罪悪感。

 

基本自分はできてないことをスポットして、

常にへこんでいるみたいだった。

でもこれは思考のクセみたいなもので、

忙しい時にやるようなタスク管理、リマインドのような思考術みたいなものではない。

クセなのだ。

クセで勝手に焦って、勝手にへこんでいた。

無意識のうちのこういうクセをを持っていた。

 

他にも気づいたことがある。

自分は常にいろんなことを考えている。

こう書くと当然のように思えるが、問題なのが考えてることが今の動作に結びついていない。

たとえば今文書を書いているが、

 

「書き終わったらウーバーイーツしな」

「ご飯食べてからじゃないとすぐバテるな」

「早く書き終わりたいな」

「嫌、書き終わるんじゃなくて、書き残すという意識で、、、義務感は日記をダメにするぞ」

「そもそもこんなシビアな時間に日記なんて書くからあかんねん。」

「計画持ってやれば良かったのに。

無理矢理書き始めるから」

「でも、思った時に書くのが、本来の日記のあるべき姿で、自分の本音も出やすい、、」

「流してることバンド、リフが完全にフュージョンのそれやな」

「お腹減ってきた」

 

みたいなことを連続して考えてる。

これ結局、主題になってる「日記を書く必要性」についには結論出せてない。

そもそも書き始めた今気にすることでもない。

日記の内容に結びついていない。

 

これがずっと瞑想の時に起きている。

でもこれも瞑想しなければ気づかなかった。

いま目の前にある物事とは関係のない思考をし続けるのも無意識のうちにしていた。

 

 

まだ始めたばかりなので、

どんどんやって自分の「おかしさ」の原因に気づければと思う。

 

 

 

 

 

Uber eats 初心者マンになりました

 

 

 

久しぶりです。

 

前回からほぼ1か月ぶりですね。

 

この1か月は、

実家でゆっくりしたり、

 

ギター教室行ったり、

 

コミケ遠征したり、

 

神前暁に会いに行ったり(ハレ晴れ、物語シリーズなどのアニメテーマの作曲者)

いろいろありましたが、、

 

Uber eatsを始めました。

 

土日だけで毎日5件ずつ、

 

まだ経験が2~3週間なので勉強中みたいなものですが、、

 

無職の身にしては結構いいバイトになります。

 

 

 

地域に結構依存するっぽいですが、

 

連続2~3時間くらい配達で

 

時給で1000~1800円(配達5~8件)

 

 

くらいですね。

 

年末年始は配達依頼が多いみたいなので

 

今後はこれよりも下に行くかもですが、、。

 

 

 

で、そうやってビギナーでやり始めたのですが、

 

現行プチ事故みたいなものは結構多いので、

 

今日はいくつか紹介させてください。

 

 

まず簡単なシステムの説明です。

現在地から近いオーナー(飲食店)から来たリクエスト通知を受け、

 

 

現在地 → オーナー店 (食事の引き取り)

 

→ 利用者(お客さんへ配達) → 待機・移動・そのまま次のリクエスト 

 

 

みたいな動線で回っていきます。

 

 

ただリクエスト時に得られる情報は、

非常に限られています。

 

 

・店と自分の位置関係(店までの推定の到達時間)

 

・ボーナスの有無※

 

 ※ボーナスは参考ですが、自分配達エリア(大阪市街地)では、

+約100~200円/件 、距離報酬×1.1倍、あるいは両方、などが多いです

 

 

この時点では全然情報ないんですね。

 

お店の名前は何なのか、

 

利用者がどこに住んでいるのか、

 

運ぶ食事量はどのくらいなのか、

 

など

 

詳しい内容は一切わかりません。

 

様するに、リクエストのえり好みができなくなっています。

 

 

 

自分は効率厨なので、

 

 

「できるだけ近い配達だけこなしたい、、」

 

「遠方は土地勘が無いから、自宅付近のエリアのみで配達したい、、」

 

 

と思っていたのですが、

そういった操作はできないんですね。

 

 

そのおかげで遠方まで配達をする羽目になります。

 

見知りの飲食店だと安心して依頼を受けると、

 

 

「〇〇区◇△町、、、、どこ????」

 

 

みたいなことが多々あります。

 

何度か川を越え、

 

歩道橋をわたり、

 

駅ターミナルを大幅に迂回(キロ移動)してやっと到着

 

みたいなケースも想定されます、、。

 

 

 

あと、ウーバーには配達関係者すべてがグッドバッド評価できるのですが、

 

先日、上記の理由で大幅に時間がかかってしまい、

 

おそらく利用者(お客さん)から低評価受けました、、、

 

まあ、評価はすべて匿名なので、あくまで予想です。

 

他にも考えられる要因はいくつかあったので、

 

改善策マシマシでやることにしています。 

(アウターを清潔感のあるものする とか)

 

 

 

 

と、なんだかプチ事故紹介になってますが、

 

一つだけ言っておくと、 

慣れてくると上記みたいな事故はほぼ起こりません。

 

 

未経験の方には伝わりにくいですが、

 

 

「この立地のこの店のリクエストは、遠方の配達っぽいな、、」

 

 

みたいなのが不思議とわかるようになっていきます 笑

 

スマホからプレッシャーを感じれますよ。

 

 

具体的にいえばいろいろありますが、

 

モラルを疑われる可能性あるのでべらべら書きません。

 

 

まあ、最初の~10件こなすうちに察することができるので、

 

始めようとされてる方おられたら、心配はいらないはずです。

 

結構びびりでなかなかの人見知り、友だちもいないぼっちな自分ですが、

 

いざ始めてみると、案外簡単に回せますので大丈夫です。

 

 

時間や体力、使用する車種(バイク・自転車 )など

 

配達者にもたくさん都合があるので、

 

配達場所の見極めなどは、自分なりにうまくやっていきたいですね。

 

 

 

と、Uber eats配達パートナーのレビューになりましたね、、、

 

こういう記事初めてなのでなんかムズムズしますが、

 

始めるにあたっては

 

Uber eats 配達」

 

とかで検索したら公式とか、まとめサイトとかがすぐに出ます。

 

そこで連絡先や地域オフィスの場所(バッグ貸与)とかいろいろすぐわかります。

 

結構簡単に始められるので、

 

少しでも興味あるなら小遣い稼ぎにはいいかもしれません。

 

 

 

では今回はこのあたりで。

 

 

 

最後にちょっとだけ。

 

僕はいま期間限定で無職なので、

 

これからいろいろなアクティビティをしていくつもりです。

 

なので、またなにかあればレビュー・体験記書いていこうと思いますので、

よろしくお願いします。

 

 

 

もし、Uber eatsについて聞きたいことなどあれば

コメント頂けたら初心者マンなりに答えますので、気軽に尋ねてください。

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

もろもろ

最近始めたこと

 

・豆苗を育てる

・ギターを買う

・D.Oの自伝を読む(悪童の詩)

ポケモン新作に飽きる

・カレー作りにはまる

 

 

ふわふわしてる。

予定では仕事は明日付けで退職になる。

10月中旬から休職扱いだったから生活は変わらないけど。

正真正銘の無職になる~~

親には方向性が決まってから報告するつもりだけど、

先週末の帰省では無職に対してはよくは思ってないみたい。

「仕事しんどい」「ていうかずっとしんどい」みたいな

心の状態を細かに説明して、それには何となく理解してくれたみたいやけど。

「心配はさせてくれよ」みたいなことを言われた。

まあ親心的にはそうなるのが当たり前なんだろうけど、

個人的には「頑張れよ」的なことを、、言ってほしかったな。

 

ということで、休職してることも、辞める予定があることは親族は知らないまま

無職ライフに突入するということで。

 

自分でも納得して決めた流れではあるけど、

不安はいっぱいなんよなあ。

 

というか、今まで相談してきた人はなんだかんだ肯定的だったというのもあって、

親の反応が普通なんだよな、、気づかされた。

無職に対してなんも抵抗持ってなかったけど、焦らないいけない立場ではあるのか、、

みたいな感じ。

 

15万も買い物で使ってる場合ではないのか、、、

(冬物コートとギター、、、)

 

まあでも、

この無職期間はリフレッシュ期間なんですわ。

 

リフレッシュするのに将来も貯金も心配する必要はないんだな。

 

行くとこまで行って

いろいろわかってからでもいいやろうと。

将来も貯金も。

仕事もね。

 

 

明日はギター教室にでも電話しようかな、、

 

無職で固定費を増やしていくスタイル。笑

 

図書館いって予約の本受け取りにいかないと。

 

 

最後まで読んでくださった方、

ありがとうございました。

 

 

 

 

貯金みるのが怖いぜ、、、、、、。

 

岡崎に捧ぐ

漫喫なうですが、

あまりに良かったので頭の整理の意味も込めて書きます。

 

岡崎に捧ぐTwitterでバズってるのはよく見ていて、

一度試し読みもしたのですが、当時の自分にはまったく響かず流していました。

 

ただ社会に出て、紆余曲折してる立場で改めて見ると、

なんか胸にくるものがあるというか、

エモみがあふれているというか、

なつかしさに溢れてました。

 

自分もよくお菓子の袋だけもって友達の家で

何時間もゲームとかして遊んだなあ、

マリカ、スマブラ、、、デュエマ、、いろいろ、、

17時~18時に帰って家でアニメみて

19時に晩御飯食べて、、みたいなね。

自分の家庭は父親が単身赴任で、

母親が働きながら兄と自分の二人を育ててくれたのですが、

そんな家庭環境も作者の状況と近く共感しやすかった。

 

作者の周りはまともな登場人物がいなくて、

でもみんなまっとうに生きてるんだなあ、、

他人事のような、そうじゃないような、、感じ。

 

いや、少なからず今ほぼ無職の自分は

そっち側なんやろうなあ、、

 

 

幼少期の気持ちとか、自分のパーソナリティを振り返るのに

いい漫画な気がしますね。

就職・転職活動前の人とか、自己分析にもなるし笑えるし

一石二鳥かもしれませんよ~

 

いやあいい漫画だったなあ、、

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

 

久しぶり(雑記)

10/29

「体験記を語れない」のは体験をしてないから。

厳密にいえば、そこに主体性がなかった。

自分の言葉はなかった。自分の軸はなかった。

面接では相手の言ってほしいことを言葉にしていた。

志望動機は自分発信のものではなく、受ける会社に合わせて作っていた。

でもそれが当たり前だと思っていた。

だってみんながそうしてるから。

自分もそうするだけ。

そのために必要な努力はする。やらないといけないことをやる。文句はないでしょ?みたいな。

 

 

 

 

隣の席のおっさんが閲覧室にも関わらずおかし食べてる。

これがお姉さんなら、気になっていただろうか。たぶん、「そういうこともあるよね」

って思ってたよな。

おっさんだからいや。というか、その振る舞いの先におっさんの「人格」が見えるのが

いやだ。

そんな非常識は、知らないところで世の中に許容してもらっているはずなのに、

何も気にせずに生きている。

きっと部下にも奥さんにも子供にも、同じような態度をとっているのだろうな。

そう、そういうところまで垣間見えるから、とても腹が立つ。

別に、もう会うことはないのに、気にしなければいいのに。

そう、気にしなければいい。気になるのは、自分と比べてしまうから。

おっさんと違って、周りに配慮して、敬う心もないのに他人を敬って、神経を使ってい

る自分が無視されている気がするから。

それだけ抑圧的に生きているから。

自分がないがしろにされている気がするから。他社から。社会から。

でもアドラーも、加藤諦三も言ってた。

 

「勝手に我慢して、勝手に騒いでいる」

 

閲覧室でおかしを食べたいなら食べればいい。

それで迷惑をかけたのなら、不快に思われたら、軽蔑されたらいい。なんなら叱られたらいい。

警備員さんに挨拶したくないのなら、しなければいい。

いやなら、しなければいい。

 

しない選択肢を取り続ければいい。
そうしたら、自然と道は見えてくる。
というか、おっさんに腹が立たなくなる道に行ける。

 

 

Gabrielle Aplin 「Miss You」でまた可愛くなってる。

画像検索結果https://goo.gl/images/gtq8Eg

 

Gbrielle Aplinです。

可愛い。

youtu.be

 

 

見てもらえたらわかるんですけど

肩幅が広めで結構体格がいいんですよね。

 

あとはお顔ですね。

育ちののよさがそのファニーフェイスににじみ出てます。

鼻の感じとかちょっと動物っぽくて

それがまた愛らしいですよね。

 

 

まあ、容姿の話はそれくらいにしておいて

 

 

 

簡単なプロフィールです

1992年生まれ。

イングランドの田舎町でヒッピーの両親の元で育ったそうです。

そういう情報もあって

以前からカントリーな曲ばかりをやっている印象でした。

 

youtu.be

 

これとかわかりやすいですかね。

初めて聞いたのは4年前くらいで大学入ったばかりだったんですが

カントリーってジャンルはまったく通ってなかった僕でも

退屈せず聴けました。

あと可愛いからめっちゃ頭に残りましたね。

 

 

そして久し振りに最近の彼女の曲を聴いたんですが

 

めっちゃ変わってました。

 

 

 

 

youtu.be

 

2016年の11月に出したEP「Miss you」の表題曲です。

 

 

残響的なオルガンが最近の流行路線って感じがします。

以前のアコースティックギターの伴奏も全部電子に代わってるみたいです。

 

サビ?の盛り上がるところとか

なんかダンスみたいでポップですよね。

伴奏とユニゾンしてるのもよりポップに聴こえる要因なのかもしれません。

 

全体的にガラッと変わってより若い人には親しみやすくなった感じですね。

 

 

あと、以前のPVと見比べてくださっている方はお分かりだと思いますが、

また更に可愛くなってます。

 

髪色も今の雰囲気にめっちゃあってる。

んでサビのズームの時にみせるキメ顔がサイコーです。

特にラストサビのキメ顔、

目が合った時あの顔をされたら絶対恋に落ちますね。

村上春樹ならその可愛さについて2Pくらい使って形容し続けますよね。

それくらいの威力があります。

胸の空いたドレスもエロいです。

デビューが17歳くらい?だったと思うので

そこからのギャップがすごいです。

 

胸の空いたドレスもエロいです。

大事なことなので二回言っときました。

古いか。

 

 

可愛さを語ると急に文章量が多くなるのが

オタクっぽいですね。

まあほんとに可愛いんですよ。

わかってください。

 

 

 

 

これからこんな感じで最近聴いて良かった音楽を

ちょくちょく紹介していけたらなと思います。

ま、続くか全然わからないですけど。

いい曲とかアーティストを見つけたら

簡単ですが書いていきたいです。

 

 

自分的には同年代やそれよりももっと若い世代方たちが

どんな曲を聴いているかって結構知らないんですよね。

友達同士でもそういう話はあまりしないし、

「最近どんなの聴いてるの?」って質問は受ける方は結構答えるのが難しかったりするので、

ブログをきっかけにいろんな方の好きな音楽が知れたらうれしいです。

 

 

 

 

ありがとうございました。