教育係

明日も早いし早く寝たいけど

モヤモヤするから文章にしとく。

 

教育係がどうも嫌いなんやけど、

嫌いな理由が自分でわかってないからどう動けばいいかわからん。

 

5月から同行がスタートして、最初の方はほぼ毎日連れて行ってもらってた。

一か月くらいしてから同行回数も少なくなってきて、

同行先ではあまりしゃべらないようになってきた。

んで自分からお願いしない限り連れて行ってもらえなく、断られることも多くなってきたので声掛けをやめてみると、

一切向こうからアクションを起こさなくなった。

 

さすがに腹が立った自分は上司に相談したけど

とりあえず声を掛けてみると言われた。

でも教育係は社内でも変わり者らしく怒るという選択肢はないようやった。

また「一年は遊びやと思って」とも言われた( )

 

しかしそこから教育係に変化があったかといわれると何もない。

一、二回連れて行ってもらうこともあったけど移動中は無言。

話しかけると相手にしてない様子。(目を合わせない、最低限の返答しかしないなど)

 

ざこい。

むかつく。

 

いろんな感情が出てきた。

 

そして先週、自分の放置さをさすがに問題に思ったのか、

別の上司に呼び出されて5分くらいの面談をした。

 

今までの状況に対しての謝罪と

教育係に再度教育指導をするようにいったといった旨だった。

それと、それにともなっておれからも教育係に声をかけるようにとお願いされた。

 

そしてその日のうちに自分が席を外している隙に

デスクに書置きが置かれていた。

 

内容は明日いく営業先の場所と集合場所など

同行についての内容だった。

でも、〇〇へと自分の名前がついて宛名には敬称がなく(今までは一応~くんだった)

しかも字はすごい殴り書き、工場への同行で防護品の指定が多すぎて社内の補完場所も知らなけらば(置いてあるかも怪しい)聞いたこともない名前のモノが書かれていた。放置され続けた新人にわかるはずのない内容だった。

道中コミュニケーションをとるのが面倒なんだろうか、電車で2時間もかかる駅に現地集合だった。

 

正直、すごく悲しかった。

自分は人に嫌われるくらいなら自己犠牲を選んでしまうような、とにかく周りに合わせるタイプの性格で、それは自分なり処世術だと、得意分野だと自負していた。

 

でも、どうも自分はこの教育係に嫌われているのかもしれない。

正直文章だけだからわからない部分は大きい。けどよく思われていないように感じてしまう。

嫌われるようなことした覚えはない。むしろ仲良くなろうとして精いっぱい気立てのいい後輩でいようと努力したつもりだ。仕事を教えてもらう新人の礼儀とさえ思って。

何がだめなのかわからない。放置されて怒りたいのはむしろこっちの方だった。

けど怒りより悲しみのほうが大きかった。

意味が分からなかった。

こんな経験ははじめてだ。

 

 

 

結局その同行は予定の都合上なくなったんやけど

明後日からの予定はまた白紙だ。

嫌われているとわかっている人間と行動を共にするほど

ストレスがたまる事はない。

その間、ずっと自分を否定され続けられてる気がして。

 

割り切るしかないのか。

それともまったく気にしないように努めればいいのか。

 

どちらもできる気がしない。

 

同行をお願いしに行くのもしんどい。

これに関してはこっちから下手にでることに腹が立つっていうのもある。

 

 

とにかく、つらすぎ。

メンタル弱者にはつらすぎるんや。

 

めんどくさい。かなしい。つらい、、、、、

 

 

 

 

 

16:08

自分が出会い系で優勝するにあたって、その一番の武器は「人柄」だ。

 

今まで女の子と仲良くなれたとき、評価されているのは

「よくわからん人だが、悪いやつじゃない」

「全然話さないけど人の話はしっかり聴く」

という点だったと思う。

 

というよりは自分は話はおもしろくないし、頭の回転も遅いから、

その点くらいでしか評価されない。

 

女の子と仲良くなるうえで「相手の話を聴く」というのは最低条件だ。

自分のトークで相手を楽しませられない限り、その場を有意義なものにするのは

「自分の話を聞いてくれた」という充足感でしかない。

そしてそれは「だまって話を聞いてくれて、適度に相槌を打って、そして最後まで興味をもってくれてる人=いい人」という等式が成り立つ。

いい印象は人柄に直結するのだ。

 

恋愛ではそれで問題ない。むしろ人の話を聞くだけで自分の人柄を示せるのは一石二鳥な気がする。

しかし、優勝目的の出会い系で「人柄」で勝利することは同時に敗北を意味する。

 

人柄というのは相手の主観だ。そしてその主観が良いいほど、

「自分にとって都合の良さ」と直結してしまう。

そうなると、自分の思い通りにならないときに不快な思いをする。傷つきもする。

 

 

だから出会い系で優勝できても、人柄が尾を引いてあとくされが続く。

「いい人」であるゆえに裏切られたときにダメージは大きいのだ。

その場限りの関係を狙う出会い系優勝パターンでは

人柄で勝っても楽しいのはそのときだけで、

後処理がめんどくさくなるだけなのだ。

 

でも出会い系で優勝したい。

相席屋でもいい。

というか優勝なんて正直夢の話やから

まずは女の子と話せればそれでいい。

 

そのためには人柄で勝つんじゃなくて

 

トークで勝たなければいけないんじゃ。

 

いけないんじゃ~~。

 

トーク力なさ過ぎてつらいんやけども。

まあトークじゃなくても、

とりあえず「話を聞く」以外で相手に何かを与えられるスキルが欲しい。

 

その場を有意義にしたい。

価値のある人間だと思わせたい。

興味をもってもらいたい。

 

とりあえずは普通に自分から話ができるようにならないといけない

道は遠い。

 

 

 

 

この投稿で今日の一日で二項書くことになるな。

会社暇すぎて、もはや警戒心もなくなって会社のパソコンで更新してる。

情報システム担当にばれたらめっちゃ恥ずかしいやろな。

 

まあどうでもいいや。

 

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

シャラリーマン

人生の半分以上があてがわれる「仕事」というものを

外部的な要因に依存させていることがあほなこと。

 

したくないことをだましだまししてお金をもらって生きていく。

言葉にするだけでずるさが出てる。

人はそうやって我慢を繰り返して生きている。それで社会が成り立っているのだから、生きるためには仕方のないことである。

それは仕組みみたいなもので、反抗するなら替わりの仕組みを用意しなけらばいけない。そんなことはできない。

よりよく生きるには、その仕組みの中でうまくやらないといけない。

 

でも、みんながみんないやいや仕事しているわけじゃない。

仕組みはみんなが不幸になるものじゃない。

他人のしたいことに従って自己実現を叶えている人がいるのも事実だ。というか大勢いる。

全く違う背景をもった、違う価値観の人間が「仕事」という共通項の中でしのぎあってる。サラリーマン。

互いが他者的要因に依存しながらなんとかやっている。機嫌がよくなくても我慢して、むかつく人間にもいちいちむかつかない。それがサラリーマンなんだ。

 

みんなが上手くやれるために上手くやってる。それが仕組みの中で生きるルール。

だから、それができないひとはどんどん仕組みの端にやられる。それだけ取り分も少なくなる。それが嫌ならサラリーマン的に上手くやるしかないんだ。

 

ださいからシャラリーマンって呼ぶ。

 

 

いいきかるためのブログでした。

 

 

 

 

 

Date with Ikea

今日、いつも通りパソコンの前でブログサーフィンみたいなことしてると、社長が「暇そうにしてるな」と雑談しに来た。

 

「誰のせいでこうなってんねん」と言いそうになったが、そこで反抗しても意味はなかった。

オーナー社長で、先代社長が死んで他社からなし崩し的に連れてこられた現社長だから、現場への権限なんてほとんどないに等しい。社長に言えても文句だけだし、変なこと言って今更上司たちに変な計らいをされた方が困る。

 

腹が立つからお前らには何一つ貢献したくない。お金だけ貰ったらさっさと辞める。と思いながら話を聞き始めた。

 

それから社長はうちの営業の教育の不器用さとそれがどうにも仕方ないみたいな話をした。なんだか一応同情はしてくれてるようだった。

 

そして話の流れで明日ご飯行くことになった。最初はキャバクラと言われたけど、ああいうのは自発的に、気の合う人と行かないとタチの悪い社交場にしかならないと思ったから逃れるために「海鮮が食べたい」と言っといた。とりあえずはキャバクラは無くなったけど新人をキャバクラに連れて行くのは年長者の義務みたいに思ってるらしくていつか行くハメになりそうだった。

 

まあ何を言いたいかというと、

 

正直いって今、社長とご飯になんてめちゃめちゃ行きたくない。冷静になればなるほど行きたくない。

 

どうやら自分はもう、申し訳なさを感じつつあるらしい。

これ以上いるきのない会社に(お金のために)居続けるのに罪悪感を感じ始めてるらしい。

 

「教育しない会社も悪いんやから、もらえるものだけ貰っとくべき」

 

「自分のキャリアに責任を持てるのは会社じゃなくて自分」

 

「困ったときあいつらがどうかしてくれるわけじゃないから(お金を貰うことは)一方的に悪いことじゃない」

 

いろいろ考える。どれも正論だと思う。

むしろ、こんな罪悪感にいちいち惑わされてたらそれこそ自分は変われないのではないかとも思う。

変革に犠牲はつきものなのだ。

村上春樹的にいうと「何かを得るためにはかわりに何かを失わなければいけない」ってやつだ。

だけどどうも、つらい。ご飯に連れてってもらうなんて、社長からしたらなんて事ないのだろうけど、そこに少しでも自分への好意を感じてしまって、申し訳なくていたたまれない。

 

Apple Musicで前々から気になってた

Pavement 聴いてみた。

なかなか好みだった。

オルタナの不穏さの中に癖になるような歌メロ。軽快だけどどこか気だるい歌声。

 

中でも一曲がめちゃめちゃ良かった。

言葉にできない高揚感があった。曲名が「Date with lkea」だったのも最高だった。

これ以上にないくらい馴染んでたし、見た瞬間一気に情景が浮かんだ。

何回も聴きたい。

 

ありがとうございました。

 

いまかどういう気持ちなのか

わからないから言葉にする。

どうして?形式でいく

会社めんどくさい。

どうして?

行っても放置される

なら自分から仕事貰いに行けば?

自分からはいや。仕事覚えるの遅いからめんどくさがられる。逆に教えてもらえなくなる。無能認定される。向こうが自発的に教えるスタンスじゃないと上手くいかなさすぎて指導放棄されるに違いない

.

.

.

これやん

.

結局は相手にせいにして自分から動かんザコやん

.

.

ザコ〜〜

.

.

でも何でかわからんけど自分は仕事が覚えられないねん

仕事覚えが悪い新人が猫の手も借りたい状況で「仕事教えて下さい!」言いに来るのって普通に良くしてもらえると思わないわけよ

.

.

まあなんというか

仕事覚えられないというか、

要点を明確にしてくれないと覚えられないというか....

.

実際にあったのは

「この種類の布は廃盤になったから」て言われてもピンとこなくて

「廃盤やから今作ってるサンプル帳から抜いといて」って言われないとわからなかったというか。

仕事の背景とか動機とか説明されても

実際どう動けばいいかまで言ってくれないとわからないねんな。普通の人ならちょっと考えたらわかるんやろけど何だかそれが苦手。

例えばやけとさっきの実例の場合、

「廃盤やからもう必要ない」て考えと

「せっかく作ってるから今から作る分からだけ抜いとけばいい」ていう突拍子も無い考えが出て来て混乱して作業が止まるみたいな

まあこの場合は「せっかく作った...」の方が自分本位すぎてさすがに悩まないけど。

でもニュアンスこんな感じ。

だから選択肢を限定してくれないといろいろなパターンを考えてしまって落ち着かなくなる→忙しい所に聞き直しにいくor自分で決める

で嫌な顔されるか、失敗してしまうか、、

みたいな感じなんよね。

何かダサいなあ

よくわからんけど自分ダサいなあて思う

やしこんな感じで仕事できないやつが仕事覚えます!っていうて近づいてきても迷惑なわけで、

しかもうちの会社は一年放置が伝統らしい(アホすぎ)から放置に関しておっさんどもは何の悪気も持ってない。

だから「放置し続けてるのは悪いし、少しずつ教えてあげないとな」という動きも期待できない。

最低限の能力のない新人が社風に文句つけて自分の欲求を通そうとしてるみたいな。

「今までの教育方針とか知らん。仕事教えろ。覚えはめっちゃ悪いけど、時間作って優しく教えろ」って言うことになんねんな。

(一回言ったけど「何とかできるように考えてみる」で終わった)

だからこれ以上動けない

疎まれるのがわかった上でさらに動くほど自分に自信がない。

あと社員教育なんて企業の義務を放棄するようなやつに、自分ばっかり気遣って動きにいくっていうのも癪に触る。むかつく。

はあ〜〜ほんまあのおっさんどもという感じ。

んで上手く立ち回れていない自分にもむかつくという感じ。

ダサす〜〜

.

.

あとは何やろ。

そうや、

そんな状況やから海外留学の資金集めのために会社に在籍するって決めたんやけど

それがまたどこまで上手く行くかがわからんくて

不安なんや。

ほんまに一年半以上倹約&貯金を続けて海外に行けるのか。

んでそれも来年の3月まで会社にいる前提やからそれまでにこの地蔵のような会社生活を続けられるのか。

やから

何か不安なことばかりでまったく進んでる気がしないんよね。

それもこれも、こんな悩むほど時間と不安を与える会社が悪い。

普通に少しずつ社員教育してもらえたら目の前のものをこなしていくのに一杯で悩む余裕もないやろうに。

何でこんなことになってしまったんだ〜〜

まあ自分でもさ言い訳がましいとは思うんよ。

だからこそ新人のくせに会社に苛立ってて早速辞めたいみたいなこと言ってる自分が不甲斐ないんよ。

今までそれなりに上手くやってきたつもりやったのにな〜〜。

あ〜〜

ありがとうございました。

何かに夢中になりたい。

 

自己と他己のバランスが良くないと

自意識過剰になってろくなことにならない。

大口たたき、揚げ足を取り、自分のことは棚に上げた批評家になってしまう。

そうはなりたくない。人を批判することはそれだけの覚悟と実力が必要だ。

 

でも、世にいう批評家というのはそうではない。

それをわかっていても、チャレンジする覚悟とか、努力を続けるための忍耐力は備わっていない。それがあれば批評家なんかにはなっていないから。

でも自分だけが知っている。自分にはわかる。世の中の仕組みや、そこに何が足りないかとか。自分ならもっとうまくできるって思ってる。

自分の部屋の中だけで。

 

今の自分はこんな感じ。たぶんうまく理解できてる。理想ばっかりが先に行って現実が伴っていない。認めたくないけど、現実が示しているからわかる。

別に頭を使わなくても、落ち着いて現実を見ればわかる。

問題は、

じゃあ今どうすればいいのか。

 

こんなブログ書くなら行動すればいい

 

頭でこねこね考えてても意味がない。

 

でも、何もできない。

 

なぜかうまくやれない。

 

上手くやろうと思ったらだめなのかもしれない。

 

でも上手くやれないとダメ。

 

上手くやりたい。上手くやれるんや自分は。

 

 

 

 

 

ほんまにむかつく。なにもかもに。

いや、自分に。

 

 

 

 

 

 

 

同期と波長が合わない。

波長っていうか、仕事上のコミュニケーションというか、、

説明すると、

仕事で同期から反物切るの頼まれたから

反物のある場所だけ教えられて適宜自分で切ってたんやけど、、

自分が切り終わったやつを知らん間にその場所に戻したせいで、同じのを二回も切ってしまった。

別に切りすぎて損ではないけど一つのやつ切り終わるのに1時間近くはかかるし、カッターで切るのにも神経使うしで大変やねんな。やから切り終わりかけに指摘されたときちょっとムカついた。

まあ自分も切ってる途中に気づけば良かったとも思ってお互いで謝っといたけど、

「これ切って」ぐらいの説明しかされてないから商品の詳細もよく知らし、普通の人間では手触りなんかでもわからんような微妙な違いの商品を見分けろっていうのも無理な話ちゃう?

まあ向こう的にはわからんかったら聞いてくるやろうと思ってたんやろけも、普通与えられた情報で事足りると思うし切ってる所も見てたはずやから間違えてたら指摘してくれると自分は思ってたから何かどっちもどっちて感じなんかな。お互い悪くない、ただ相性が悪かったみたいな?

とにかく、明日もあるから気をつけていかんと、、

けど、

丸く抑えようと思って自分から一言詫びたのすごい後悔してきた、、丸く収まったし表面的には良かったのかもしれんけどムシャクシャする。

前にもこんなことあったし、

何か同期って全体的に言葉足らずというか、こう、普通なら声かけるところを沈黙して済ますというか、、

自分を棚にあげるようやけど、他人と何かをするのが苦手?

大学時代はサークル入ってないらしいし、

入社してもうすぐ半年やけど、男関係でちょいちょいいざこざってるし(自分が含まれててやばいけど)、

何が当たり前かなんて誰にも決められないけど少なくとも自分が今まで会ってきた人達との当たり前からは限りなく離れてる。

とりあえず文句だけ言葉にしといた。ほんまに頭きたら本人に言えばいいし、とにかく明日は自分からわからんことはどんどん聞きます。うざがられそうやけど。

正直めんどくせえなあ。

ありがとうございました。