sgr_incaのブログ

モラトリアムの終わる予感がない、社会人一年目のブログ

フルタイムライフ







自分の思いをしっかり言葉にしたくて、ブログを書き始める。







どうも自分は、頭でこねこねと考えるわりには、まとまった見解を述べれず、時間が過ぎることが多い。


それで人付き合いを損してると思う。





会社の人たち、取引先の人たち、、同期やこれから会う友達たちと仲良くなるためにも、こうやってブログを書いて、考えを言葉にする練習をしたいと思う。









今日は読書メモのようなものを書いてみようと思う。柴崎友香の「フルタイムライフ」を読んだ。





入社一年目で、勤務地が大阪(しかも本町)、大学時代にはライブイベントに関わっていたりなど、自分との共通点が多く、非常に共感できる部分が多かった。




上司の手伝いの申し出に対して、身振りをわざとらしくして断る場面、スクリーンセーバーを眺めてる描写など、あるあると嬉しくならずにはいられなかった。






特にパソコンのフリーズで大事なデータがなくなった一方で内職がバレないか心配する場面は、「自分以外にもこんな思いをする人がいるんだな」と感心してしまった。

  







あと、登場人物たちのコミュニケーションがとてもよかった。ゆるくて、お互いはなんに気なしに話しているけど、それで意思疎通ができていることに、とても憧れた。読み始めたときは参考にすらしていたし、これからも新鮮味が失われてしまう前にどんどん真似していきたい。




とりあえず今日の感想はこれで終わり。






眠くないけどそろそろ寝ないと明日がきついから寝ます。



ちなみに明日は長谷川さんとの営業同行、東京研修の最後です。








研修おわってしまう、、。来週からなにするか心配、、。





おやすみなさい。