何かに夢中になりたい。

 

自己と他己のバランスが良くないと

自意識過剰になってろくなことにならない。

大口たたき、揚げ足を取り、自分のことは棚に上げた批評家になってしまう。

そうはなりたくない。人を批判することはそれだけの覚悟と実力が必要だ。

 

でも、世にいう批評家というのはそうではない。

それをわかっていても、チャレンジする覚悟とか、努力を続けるための忍耐力は備わっていない。それがあれば批評家なんかにはなっていないから。

でも自分だけが知っている。自分にはわかる。世の中の仕組みや、そこに何が足りないかとか。自分ならもっとうまくできるって思ってる。

自分の部屋の中だけで。

 

今の自分はこんな感じ。たぶんうまく理解できてる。理想ばっかりが先に行って現実が伴っていない。認めたくないけど、現実が示しているからわかる。

別に頭を使わなくても、落ち着いて現実を見ればわかる。

問題は、

じゃあ今どうすればいいのか。

 

こんなブログ書くなら行動すればいい

 

頭でこねこね考えてても意味がない。

 

でも、何もできない。

 

なぜかうまくやれない。

 

上手くやろうと思ったらだめなのかもしれない。

 

でも上手くやれないとダメ。

 

上手くやりたい。上手くやれるんや自分は。

 

 

 

 

 

ほんまにむかつく。なにもかもに。

いや、自分に。